MMSの保管や注意

                 MMSの保管や注意

MMSのビンは日光に当てないでください 30分くらいから効果がなくなり始じめますので

温度差が少ない暗い場所か冷蔵庫に保管してください MMSは通常で5年 冷蔵庫で7年は

保管できます 万が一 太陽のあたるところに置いていた場合 MMSが膨張してキャップの隙間

からMMSが飛び散る事があります もし目に入った場合はスグに5分以上 水で目を洗い流してください

その後 目に痛みや違和感がありましたら医師にご相談下さい  

MMSは常に10%のクエン酸水5倍で混ぜ合わせ てください そして3分待ってください 黄色くなり

殺菌成分である二酸化塩素ガスが発生します  このガスは吸っても問題ありません  MMSはコップ

にクエン酸水から入れてMMSを入れてください 

  (敵数の多い場合 クエン酸水を入れている間に3分間過ぎてしまう場合がありますので) 

マラリアに関しては15滴のMMSを1時間後に同じ15滴 計30滴の量で体内のマラリア原虫を

数時間で殺菌してしまいます その時に体内の正常な細胞や菌には害をあたえません マラリア

だった人は数時間後すべてのマラリアの症状が消えて元気になるので効果がわかりますが 

糖尿病やガンなどの病気の方は病院の検査結果を見てください

MMSは空腹時が1番効果がありますが 食前食後1時間以上空けても大丈夫です

MMSは他の抗生剤や薬などの服用前後1時間あければ問題ありません そのくすりと共にMMSも働きます

MMSは水で薄めて飲む方が効果が大きいようです 水の量はコップ3分の1以上であれば量はあまり関係ありません

MMSのにおいや味が気になる方は なにかで割るのも大丈夫ですが防腐剤のビタミンC(アスコルビン酸)は

MMSの効果が75%以上消えてしまいますので 防腐剤のビタミンCの入っている市販のリンゴジュースなどと

MMSを割らないで下さい  またMMS服用前後4時間はビタミンC(アスコルビン酸)をとらないで下さい 

重曹もMMSの効果を消してしまうそうです

 

各病気に関しては MMSーJAPANホームページの[質問]欄をご覧下さい http://mms-japan.web.officelive.com/8.aspx

 

小さな子供や高齢者には別の用量がありますので注意してください  わからないことがありましたら 

MMS-JAPANホームページのお問い合わせに質問してください http://mms-japan.web.officelive.com/contactus.aspx

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中