MMS1の作り置き実験

MMS1の作り置き実験NO2

作り置き実験は 最初の漂白剤のボトルですと ビニールが

溶けているのか? 匂いがしましたので 黒色のガラスのビン

に変えて 新たに作り直しました 出来れば 完全に光を遮る

せともののようなビンのほうがいいと思います

ミクシーのミラクルミネラルサプリメントの
(MMS)コミュニティより
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=59250834&comm_id=3431769

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




写真記事はミクシーのフォト・アルバムからです
http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000008879519&owner_id=5283814

600mlの漂白剤の空きボトルを水とお湯で何度も洗い

最後にお湯を入れて半日 置いてから それを捨てて

ボトルを使用しました 微量でも漂白剤が残っていて

科学変化を起こしたら 危ないと思い よく洗いました

45滴のMMSを起動活性化させてボトルに入れて水を

一杯に入れました それだと 15滴のMMSを200ml

の水で薄めた量になり3倍分に相当します 100mlを

水で薄めれば 7~8滴相当になります 

1週間たった今日 ボトルからグラスに注ぐと 黄色い色が

薄まっていなく 臭いと味も ほぼ 作りたてのMMSと

変わりありませんでした 飲んだ後の マッチをすった時の

硫黄のような臭いもあり 二酸化塩素の量は あまり減って

いないように思います  塩素計があれば 二酸化塩素の

減少率などがわかるのですが

この実験を1ヶ月 2ヶ月と 続けていき もし 二酸化塩素

が残るようであれば マラリアの治療に使用できます

貧困地域では 識字率の悪い地域もあり MMSが入手できても

作ることが出来ません 現地のジュース会社や漂白剤会社などの

協力を得て MMSジュースを それらの会社の販売網・流通経路

を利用すれば どんなへんぴな 貧困地域でも簡単にMMSを

飲むことが出来 マラリアが治療でき 他の病気の改善になります

今日気がついたのですが 歯や歯茎等に 使用しているお年寄りや

体の不自由な方々にも いちいち 毎日 MMSを作らなくても

作り置きのMMSのボトルから コップに注ぐだけで使用できるので

とても便利だなと思いました

*注意 漂白剤のボトルは遮光性があるから使用したので

    何度も水や熱湯で洗った後に再度熱湯を入れて

    半日置きました それでも ビニールやプラスチックは

    解けたり 微妙に表面に浸透している可能性があります

    お酒などのせともののような 中が真っ暗なビンも

    良いかと思います  

    もうひとつ 肝心なことは 気密性です 漂白剤の

    ボトルはお湯を入れて押した時にキャップの隙間から

    お湯が漏れていました MMSの作り沖で二酸化塩素が

    減ったり 変わらないように サランラップを4重にして

    キャップにつけて閉めました  以前 スプレーボトルでは

    MMSの効果が1週間くらいで 薄まったとのご報告が

    ありましたので 機密性と遮光性を重視いたしました

    また なにか わかりましたら ご報告いたします

                   いしいむつろう

    写真記事はミクシーのフォト・アルバムからです
    http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000008879519&owner_id=5283814

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中