パーキンソン氏病

パーキンソン病の原因は農薬に関連しているかも知れない

米国の研究者グループは、2種の農薬(殺虫剤、除草剤)を使った人は、パーキンソン病に罹る可能性が使わない人より2.5倍高かった研究結果を発表した。

対象となった農薬とはパラコート(除草剤の一種)とロテノン(殺虫剤の一種)であり、家屋や庭園への使用は認可されていない。前回の動物実験ではパラコートはパーキンソン病の発症に関連しているという結果が出されて、認可された人しかパラコートを使用できない。

ロテノンは侵食性の魚介類を殺戮する場合にだけ、その使用が認可されている。

「ロテノンは細胞内でエネルギーを発生する役割を持つミトコンドリアの機能を直接に妨げる」と、国立研究所環境保健科学部の研究者であるフレヤ・カメルは発言した。

「パラコートはある種の酸素誘導体の生成を増やして、それが細胞組織を傷つけるかも知れない。これらの農薬やまたは同様の化学作用を持つその他の農薬を使用した人はパーキンソン病に罹る危険性が高かった。」

同研究はパーキンソン病患者110名と農業評価部(FAME)からのコントロールグループ358名を対象にして行われた。

FAMEは農業健康研究所の一部であり、認定農薬使用者とその家族(約9万人)の健康状態をモニターしている。

出処:AFP, Washington 2月11日

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

パーキンソン氏病 への1件のフィードバック

  1. Ronpuke より:

    ★ 2月11日 (アルツハイマーの老婦人が)驚異的な回復

    (YK様、埼玉県)
    情報有難うございます。母の件ですが、現状としてはアルツになった1年8ヶ月前には少し届きませんが、90%回復したとみています。
    まだ、日にち、曜日が不確か、食事をしたとか、2時間前に電話で話をしたこと等を忘れます。でもこれは加齢現象かも知れません。(82歳)今はぶり返しがないか、電話で様子を見ているところです。おかげ様で、一人でも十分居られる状態になりました。態度もしっかりしています。しかし母の場合、正確には12日間をとびとびにMMS1を3・4滴×4回飲んだだけなので驚異的な回復だと思います。
    先週は2日間、MMS1を1回+MMS2を2回飲ませました。もともと母は薬嫌い(MMSやビタミン剤も薬と思っている。)なのでまた悪化が見られるようなら飲ませたいと思います。私もおかげ様でいつの間にか日光アレルギーもリューマチも改善しました。
    昨年5月から2ヶ月間続けましたが、酢でもかぶれるようになったので休んでいました。これからは少しづつでも続けます。
    MMS2は私にはやはりきついようですが、母は大丈夫なので、週に1回でも行って、2カプセルを飲ませるつもりです。
    また改善がありましたら報告させていただきます。本当に有難うございました。

    http://jhumble-japan.health.officelive.com/default.aspx より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中