MMSアメリカのHIROさんからお知らせです : ビタミンD

MMSアメリカのHIROさんからお知らせです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様にお知らせ下さい。

Hiro Ikizake

Future Water, LLC
http://www.mmsasia.net/
革新的研究により、ビタミン D は「奇跡の」抗がん栄養素であると発表される

NaturalNews, 2011年3月3日

「毎日8000IU(国際単位)のビタミンDを摂取すれば、血液内の抗がん栄養素のレベルが上昇する」と、先駆的研究グループが発表した。

ビタミンDに関する情報に対する検閲や隠蔽活動の時代が終わろうとしている。医学研究所(IOM)と癌医療業界を先導する多くの研究団体は、ビタミンDの抗がん能力について現在まで意図的に軽視してきたが、抗がん研究ジャーナル(Anticancer Research)に発表される最新の研究は、ビタミンDの純正でパワフルな事実情報を発表している。NatualNewsはビタミンDの効果について数年間も人々へと伝えてきた。成人がガン、糖尿病(1型)、多発性硬化症を予防するためには、毎日4,000から8,000IU(国際単位)のビタミンDを必要とする。米国政府は現在まで、かなり少い400から800IUの摂取を勧めている。

カリフォルニア大学サンディエゴ医科大学とクレイトン医科大学(オマハ市)の科学研究グループがこの革新的な研究を行った。これは、ビタミンDの摂取量と血液内のビタミンDとの関係が確定する、先駆的な研究である。

米国のヘルスケアプログラムが数年後には破綻するであろうと懸念されている現時期において、これは重要な情報である。ビタミンDは簡単、安全、なおかつ最低料金の変性性疾患予防法になり、長期にわたって医療費を大幅に節約できる。

毎日8,000IU(国際単位)までのビタミンDが必要

「成人が毎日4,000から8,000IUまでのビタミンDを摂取することにより、血中内の必要なビタミンDメタボライトレベルを維持することができ、乳ガン、大腸・直腸ガン、多発性硬化症、1型糖尿病などの数種の病気に罹る危険性が50%ぐらい低くなる事実を発見しました」と、セドリック・ガーランド博士は発言した。

セドリック・ガーランド博士はカリフォルニア大学サンディエゴ癌センターの家庭・予防医学科の教授である。

「ビタミンDを摂取して血液内の必要量を維持することによって病気を予防する可能性がかなり高かったことを発見して驚いています。20世紀では、くる病を退治するために1日400IUのビタミンDを摂取しなければならないといわれていたのですが、今回(発見した)摂取量はかなり多いいのです。」

ある調査は、米国民の90%はビタミンD欠乏状態にあると発表する

この研究調査はビタミンDを摂取している3千人のボランティアを対象にして行われた。研究者が対象者の血液を採取して、ビタミンD-25(血液内のビタミンD)のレベルを判定した。

対象者のうち90%は健康維持量の40 – 60 ng/ml範囲以下のビタミンD欠乏状態にあることが分かり、研究報告書を作成した研究者にとっても衝撃的な結果が判明した。 (殆どの自然療法栄養学専門家はビタミン60 – 70 ng/ml 範囲の維持を勧めている。)

米国政府機関である医学研究所はビタミンDを摂取する予防方法を意図的に軽視してきており、その結果、ビタミンDの本当の効能を否定することになり、癌医療業界の利益の増大に貢献したものと思われる。同医学研究所による最近の推薦情報により、米国民のビタミンD不足状態が意図的に誘発されたのであろう。

同医学研究所は、ビタミンDの血中内必要量は20 ng/mlであると言って、意図的にその必要量を下げて発表してきた。この基準を定めることによってビタミンD欠乏症の人が突然、「非欠乏」となり、問題なしと見なされるのである。それで、22 ng/mlレベルの人は、実際はかなり低いレベルにあってガン、多発性硬化症、1型糖尿病を予防できないかも知れないが、「ビタミンD不足」ではないと見なされる。

ビタミンDの事実情報は、医療・製薬業界にとって大きな脅威となる

NaturarlNewsは過去数年間にわたって、特にガン医療・製薬業界がビタミンDの事実情報を人々に知らせないようにと、病気や疾患によって発生する巨大な利益を守るために、意図的に情報操作を行ってきたことを頻繁に報告してきた。今後は、ビタミンDは以下の理由により、医療・製薬業界グループに対する大きな脅威となるであろう。

1) ビタミンDは無料である。(処方箋は必要なし。太陽光線からビタミンDが得られる。)

2) ビタミンDは医療費の高い数十種の病気や健康問題(骨粗鬆、ガン、糖尿病、多発性硬化症、その他)を予防する。

3) ビタミンDはサプリメントとして摂取しても、人体が自然のビタミン・ホルモンとして認知するので、極めて安全である。

「太陽光線とビタミンDの治癒力The Healing Power of Sunlight and Vitamin D」を参照して下さい。

http://www.naturalnews.com/rr-sunli…MORE HERE

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

MMSアメリカのHIROさんからお知らせです : ビタミンD への2件のフィードバック

  1. Sztompke より:

    こちらに自由に 自分の意見をお書きください

    そして みなさまで より良い答えが見出されるように

    考え シェアしていきましょう

    下記は ビタミンDに対する疑問をもつMMSユーザーの

    思いやりのある お知らせを コペさせていただきました

    それにより ただ盲信するのではなく 自分自身で理解して

    判断するという みなさんで健康を考えていきましょう

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    差出人: 00 000 様
    メッセージ :  こんにちは。気になることがあるので、伺います。
    「放射線障害と予防対策」のページを開くと、上部に「ヒロさんからのメッセージ」というところがありますね。そちらでは、ビタミンDが大変有用だということが書かれています。
    私は MMSだけでなく、また良い情報(ビタミンD)に当たった?と喜んだのですが、色々調べたところ、サプリ売るための盛り上がりだったように思えてきました。(例えば→ http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara/62223974.html 等参考にしています。)
    もちろんヒロさんという方は、本当に�! ��い情報だと思われたのでしょうが、もう少し調べた方が良いのではないでしょうか?私自身、ド素人なのでメールすることにためらいはあったのですが、素晴らしい発見と思われるMMSのサイトからリンクしていると、ビタミンD神話を丸ごと信じる方も多いと思いまして、ご連絡しました。不躾なメール、お許し下さい。
    MMsは、今月から初めて見ます♪HP参考にさせていただきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    00 様

    ご報告ありがとうございます

    情報は みなさんでシェアしたり 考えてみたりする場として

    自由に書き込める場を作りたいと思いました 

    私自身は MMSがマラリアには効果があるが 万病薬ではないと

    思っています 他の病気に対しては 効果があったり なかったり

    人にもよったりと いろいろなご報告を聞いています

    私の計画は マラリアには絶大な効果があるので 早くにどこかの

    国が本格的なMMSのマラリア治療の研究を行ってもらい 他の病気への

    研究に早くつながるように マラリアの治療活動を通して 多くの団体等に

    マラリアの効果などの情報発信・啓発を行うことです 

    HIROさんも 奉仕の気持ちで 活動していますので MMS以外でも 

    病気で苦しむ方々が早くに よくなってほしいという気持ちで 記事を

    書かれていますので ビタミンDに対する 考えも みなさんでシェア

    できるように http://wp.me/p1fFwl-3M の コメント欄に 

    自由に発言できる場を設けました

    お名前をふせて 00様のご助言を 載せさせていただきましたので

    より良い 方向性が見いだせることを願っています

    今後共 よろしくお願いいたします

    石井睦郎

  2. Sztompke より:

    自由書き込み欄のURLは下記です
    http://wp.me/p1fFwl-3M

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中