放射能についてのご報告です!

MMS活動家 HIROさんからのご報告です!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Good News!

> 放射性物質のデトックスが実証されつつあります。MMSとMMS2の併用が効果があるようです。
>
>  (体験談1  E.M 様 岡山県在住)   福島の原発事故の後から飲み始めました。
> 私は他の様々な健康法やサプリメント、ザッパーなども試していたため、MMSだけの効果とは言い切れないのですが、子宮筋腫が12,3センチあったのが2年で7,5センチに小さくなりました。ベジタリアンになったことも大きいかもしれませんが。
> 93歳の祖母は、老人ホームでMMSを飲ませてもらっています。
> 原発事故後から認知症が酷く暴れるようになり、精神科で出された薬が強くて一時的に感情が無くなり身体が硬くなり歩けなくなっていました。
> 薬をやめさせて(抜けるのに半年位かかました)MMSを飲み始め、今は記憶は全部は戻ってこないものの、穏やかによくしゃべるようになり、身体機能も少しずつ回復してきています。
> 93歳でもゆっくり回復することはあるのだなぁと感心しています。
> 今は私は岡山に移住しましたが、神奈川の家に帰るときは最近いつもMMS2を飲んでいます。するとあまり具合悪くなりません(私は放射能に敏感なのか、関東以東に行くとめまいや胸の痛み、足のつりなど具合が悪くなるのです)
>
>  (体験談2 O・K様 茨城県水戸市在住)
>
> 2011・3・15に食料もつきガソリンもなくなってしまったので自転車で往復2時間かけて買い物に出かけてしまいました。
> 当時福島原発がメルトダウンしたらしいと子供からメールが入ってはいましたが、マスコミも政府も詳しく情報を流さなかったことと危険回避に対する心構えなど全く皆無でした。被爆国日本でありながら広島・長崎の事は他人事だったことに今はとても恥ずかしいと思います。
> 元々花粉症でしたのでマスクをし
> 帽子もかぶって完全防備のようなスタイルで出かけたのですが、帰ってきたら両目が卵大にはれ上がり家族に心配されました。その時は被爆の症状などと考えすら浮かびませんでした。
> 暫くして5月の中旬あたりから体に変化が出てきました。脱毛・下痢・湿疹・胃痛・紫斑・心臓痛などネットで調べると同じような症状が沢山出ていたのです。その時初めて被ばく症状であることが分かりました。
> その時にMMSを知りました。すぐ取り寄せ飲み始めたのです。一週間ほどたった翌朝にはあれほど痒かった湿疹が赤みが消えて薄くなっていました。日中は痒みと赤みがぶり返すのですが、その日以来徐々に湿疹がなくなり全く湿疹が出なくなりました。
> その他の症状も2か月ほどで改善されました。
> 驚 いた事があります。数か月後にある日突然細かい字が見えるようになっていました。50過ぎあたりから老眼になっていることに気が付き、針に糸も通せなく
> なっていました。今は何の不自由もありせん。ただ左目だけが軽い白内障になってしまいMMSを続けて飲んでいたらと悔やまれます。
> また昨年は花粉症がほとんど出ませんでした。今年も花粉症が出ません。30年近く花粉症の重い症状に悩み続けてきたのでただびっくりです。
> これからもMMS+体に良いとされることは沢山して相乗効果で何とか健康で家族を守っていきたいと思っています。
>
> (体験談3 西日本在住、くまさん)
>
> 2011年3月11日の福島原発事故時、私たち家族は東京に住んでおりました。
> 3.11の3か月後、まだ乳児の子供を守るために家族で西日本に移住しました。3.11以降、家族全員、風邪に引きやすく、疲れやすくなりました。食事は
> 3.11以降、西日本のものや海外のもののみ食べています。妻子は
> 3.11より東京に住んでいた2か月間はほとんど外に出ませんでした。しかし、 事故後の
> 東京に住んでいた間の吸気による内部被ばくが懸念されたため、2012年3月に東京のクリニックからドイツの検査機関に妻の爪の切ったものを集めて送って
> 分析してもらったところ、ウランが検出されました。3.11以前には、ほとんどウランの検出は他の人もなかったそうです。体内に取り込んでしまった放射性
> 物質を取り除きたいと思い、2012年3月からMMSを家族で飲み始めました。最初は1滴から始め、はじめて1週間ほどは吐き気や下痢の好転反応がありま
> した。しばらくすると家族全員、疲れにくくなり、風邪もひきにくくなり、体調がよくなってきました。また、妻も私も肩こりが消え、花粉症の症状が軽減しま した。
> 放 射能から安全な食べ物のみを食べていると、微量栄養素の部分的な不足があったため、栄養のバランスが良い玄米を1日水につけて発芽玄米にしたものを主食で
> 2012年8月から食べるようにしました。それにより、家族全員、腸の調子がよくなり、体力がついてきました。玄米は放射能に汚染されていない地域のもの
> を探して取り寄せています。
>  なお、MMSは乳幼児でも飲めます。ビタミンCの酸化防止剤の入っていない100%ジュースで子供が好きな味を探していただいて、1滴ならば小さい子でも
> 飲んでくれます。今では子供が少し体調の悪いときは、子供の方からMMSを飲みたいと言います。(西日本在住、くまさん)
> (こ のご家族は福島原発事故後の迅速な移住と、MMSと玄米の食事療法によって、放射性物質を解毒・排泄できたようです。ウランはアルファ線を放射する放射性
> 物質であり、皮膚や物体を透過しないのですが、呼吸や食物によっていったん体内に入るとガンマ線を照射するセシウム137より約20倍有害であると言われ
> ています。)
>
>
>
> Hiro

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中