MMS-CDS How to make 500ppm

(日本語記事は下にあります  1000ppmの使用量も書いてあります)

*追記:最近は100cc/3000ppmのCDS生成が主流になっていますので
 下のほうに書いておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5283814_2133613126_56large 5283814_2133613171_174large

5283814_2133613170_170large 5283814_2133613169_37large

5283814_2133613168_48large 5283814_2133613167_86large 5283814_2133613166_199large 5283814_2133613165_30large 5283814_2133613160_222large 5283814_2133613159_250large 5283814_2133613156_163large 

How to make MMS-CDS of malaria treatment for Shall be prepared * Lid and a glass bottle of 800cc * A small glass * Water of 600cc * MMS10 grams * 10 grams of a 50% aqueous citric acid * Vinyl * Bottle of glass * Cork You pour water into the bottle (600cc) I mixed in a small glass of citric acid and 10 g of MMS If there is no meter Cap of a plastic bottle of juice is about 9 grams I will put in the water it Water Please do not enter into the MMS Please use a long glass Please covered with a plastic sheet about 3 Please sealed with a lid Please stop it with a rubber band if there is no lid Please put overnight Or it is OK If the colors on the CDS of the bottle and MMS of the same cup CDS to make with this condition is about 500 ~ 550ppm Please discard the MMS Cup in Please put the CDS in a bottle By winding the plastic to cork Please close the cap to the bottle Please keep it in a dark place or refrigerator It is a CDS of 20 ~ 25cc for the treatment of malaria It is used in water diluted with 250 ~ 300cc Please use the same amount after 1 hour CDS is a delicate Concentration will decrease from day 3 position If this is the case, please increase the amount to (5cc ~) If there is no effect Please use for the third time after one hour CDS is OK several times to drink Please increase the number of cases of dengue fever CDS of the amount of many sore throat There is no pain if you use it to increase the number of times · · · · · · · · · · · · · · · · · CDS is a delicate Conditions to make the CDS is different Concentrations are also different In water of the same 600cc Bottle is a large case of 800cc or more For example, a bottle of 1000cc If space in the bottle is large If a cup of mixing the MMS is wet Tightness of the lid Concentration changes in situations of storage Chlorine dioxide concentration measurement I was diluted to 400 times the CDS of 20cc Measurement number 1.31mg / l It was 524ppm of chlorine dioxide Concentration of citric acid 15 drops and drops of MMS15 is 28ppm on average But I use as much 50ppm in the case of CDS for the treatment of malaria I will use the same amount after 1 hour Increase the number of times if you can not see the effect Advantage of the CDS I can take the chlorine dioxide many Burden on the body is less So there is no diarrhea MMS-JAPAN http://mmsjapan.sharepoint.com/Pages/… Facebook https://www.facebook.com/groups/mms.m… Possibility of Ebola treatment and prevention https://www.facebook.com/groups/mms.m…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100cc / 3000ppmCDSは下記の製造方法と同じですが 違う点はガラス容器はダイソー100円ショップの240ccガラス瓶とグラスを使い(下写真)水は100cc / MMSとクエン酸水は各10グラム(重量計がない場合は自販機缶ジュースタイプのペットボトルのキャップ1杯が約7~8グラムですので目安で1杯と3分の1杯くらいの大まかな量で大丈夫です。)です。        出来上がりましたCDSはガラスのビン(リポビタンなどの小瓶が濃度低下を抑えます。)に入れてサランラップ4重くらいでネジ式キャップか口に合うワインのコルクで締めて気密性を保って保存してください。冷蔵庫の保存が良いと思います。  使用はCDS作りたてから2日くらいまでは2ccのCDSを200cc以上の水で希釈して使用します。3日目以降からは保存状況や環境などで濃度低下がありますので1ccづつCDSを増やしながら飲用時のノド越しで少々の辛味が感じるくらいになるまで量を調整します。(必ず200cc以上の水で希釈して飲用後すぐに口直しの水を4~5口飲んで下さい。それを行なっても数分で喉に残る刺激が無くならず 喉が痛い場合は濃度が高すぎていますので水を多く飲んで下さい 問題はありません。)飲用して少々の刺激または辛味が無く水のように飲める場合は濃度が薄くマラリアは治療できません。(マラリアの治療には通常1回成人で28~30ppmが必要ですがCDSの場合は80ppm前後が必要です。水以外のもので割る場合は1.5倍~の調整が必要です。)

100ccのCDS生成が良いのは それ以上の容量のCDS生成ではマラリアの治療や予防活動などで1日に何十人も使用する場合には適していますが 使用が少ない場合は100ccくらいの生成でガラスの小瓶に密封すると状況や環境などによる濃度低下が少ないからであります。二酸化塩素の濃度低下・変化についてはガーナまたはナイジェリア活動報告にも書いてあります。https://mmsjapan.sharepoint.com/Pages/Ghana.aspx

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(これは旧生成濃度です。100cc/3000ppmCDSは上記に書いています。)

ビデオは約500ppmCDSの作り方 です

ダイソー100円ショップの800ccガラス瓶とグラスを使用した場合の濃度です

MMSと50%濃度クエン酸水 各10グラム 水600cc サランラップは5枚重ね位のほうが機密性が高まります   この条件で生成されるCDSは 524ppmでした

最近はMMSとクエン酸水は各20グラムづつ 水600ccで約1000ppmを 生成して5~10ccのCDSを250~300ccの水で薄めて使用を開始して 徐々にcc(CDSの量)を上げて行き 自分の適量まで(使用量と回数などは個人差がありますので無理の無い 気分の悪くならない上限・適量を発見してください)

この濃度のほうが保存している間の濃度低下が500ppmよりも少ないです これ以上の濃度 2000ppm以上ですと さらに長持ちしますが 万が一の 事故防止の意味では 1000ppm前後がよいと思いマラリアなどの治療用では このくらいの濃度の作り方を現地で教えています

*注意! 喘息の方は開始時は慎重に少ない量で様子を見てください! 極稀に呼吸困難になる方がいますので!

*ビデオが見れない方はミクシーの日記に写真で見ることが出来ます http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1937897960&owner_id=5283814

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中